自由診療での色々な支払い方

肩こりに有効なストレッチのやり方

Written on 11月 8, 2016   By   in Uncategorized

肩こりから頭痛を引き起こすことも珍しくありません。頭痛は仕事や生活に悪影響を与え、苦痛だけでなく仕事の能率低下を招きます。そういった肩こりを解消するためにはどういうストレッチが有効なのでしょうか。

 

まず、首の筋肉をほぐしましょう。両手で首の周りをもみほぐし、特に後ろの部分を外側から中央に向けて圧を加えながらもみほぐしていくのが有効です。

 

首をストレッチするときは、頭に片手をおき、もう片側の手は背中に回します。そして、頭においた手で、頭をその手の側にひきつけましょう。肩と首が伸びている感じがあれば、そこで静止するようにしてください。

 

次に、背筋を伸ばして、両手を頭の後ろで組み、首だけを前に傾けます。痛気持ちいいくらいの位置で20~30秒ほど静止しましょう。

 

肩のストレッチは、肩腕を伸ばして、もう片側の腕を組んで胸にひきつけるようにします。この時、肩や腕に力を入れないように注意しましょう。無理なくゆっくりひきつけるのが大切です。

 

また、肩甲骨のストレッチとして、両手を胸の前で合わせ、続いて左右の肘もそのままくっつけます。手の平と肘がくっついた状態で、腕をそのまま上下にゆっくり動かしましょう。

 

肩甲骨の筋肉がやわらかい人ほど上下に幅をもって動かすことができますが、肩甲骨が固まってる肩こりしやすい人だと、肘もくっつかないことがあります。

 

ストレッチは筋肉や関節をほぐし、血行を改善する効果がありますが、一時的なものですから効果を実感するには繰り返して行なっていく必要がありますので、続けて頑張りましょうね。参照:http://xn--y8jh6exf263p5u7c0lh.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です