自由診療での色々な支払い方

月別: 2017年4月

尿酸値と激しい運動

過食・飲みすぎ・運動不足・肥満などによって尿酸値がだんだん上昇することによって、定期健診などによって高尿酸血症と診断をされたようなメタボリックシンドローム型の人は、運動や食生活といった生活習慣を変えることによって、上昇した尿酸値をコントロールできるのです。

しかし、激しい運動を行う場合には、注意が必要なのです。「健康のためにも運動を始めよう!」とサッカーや格闘技といった激しいスポーツを張り切って行ってしまうと、逆にプリン体を増加させてしまい、結果として、一気に尿酸値が上昇してしまうこともあるのです。

また、汗として尿酸は、ほとんど体外に排出されることはありません。そのため、運動によって汗を多くかいてしまうと、体の中の水分量が減ってしまい。尿の量も減ってしまうのです。そのために、尿酸の尿への量も減ってしまうことで、体内に尿酸がため込まれてしまうのです。

こういったことから、一時的ではあっても激しい運動によって尿酸値を上げることになるのです。プロのスポーツ選手の中には、実際に慢性的にこのような状態が起きているため、痛風や高尿酸血症に悩む人も多いのです。

それでは、運動はよくないの?運動することはいいことなの?となってしまいますが、痛風体質・メタボリックシンドローム型の人などは、有酸素運動を中心とした軽い運動やウォーキングを、継続して長い期間行っていきましょう。

有酸素運動を行うことで、尿酸値が上昇することはありません。また、内臓脂肪の蓄積には大変効果的なのです。運動不足や肥満が原因となって尿酸値が上昇したのであれば、激しい運動を行わず軽い運動を習慣付けて行っていくようにしましょう。

4月 23, 2017     0 Comments

タトゥーを入れる前に考えること

昔はタトゥーと聞くと怖いイメージがありましたが、今では多くの芸能人や有名人の方が入れています。芸能人や有名人となるとテレビなどで目にする機会も多いため、今では
タトゥーは珍しいと思う方も多くないでしょう。
若い世代であれば特に怖いといったイメージはなく抵抗感も少ないようです。タトゥーは一度入れると消えないと言われています。タトゥーは肌の深い部分にある真皮に針を刺しインクを入れていくので深い部分に傷を作ります。
真皮はターンオーバーによる入れ替えがないため真皮にできてしまった傷や色はほとんど消せません。タトゥーは真皮に傷と色がつくため専門家もタトゥーは完全に治すことはできないと言います。

タトゥーは入れるときよりも消す方が時間がかかるようです。消すとなると難しいことですが消えたとしても肌には大きなダメージを負います。そのためその大きなダメージがタトゥーよりも目立ったなんてこともあります。こちらを参考に:タトゥーを消す方法
消すことを目的としていたのに反って目立ってしまうのは嫌なものです。タトゥーは安易な考えで入れてはいけません。タトゥーは入れる前にしっかり考えることが大切です。
デザインなども最初に選んだものを後で変更とはできないのでそういった面もしっかり考えましょう。
タトゥーにもデザインは様々でバリエーションも豊富です。よくわからなかったり悩んだ時は彫り師さんに相談するなどして自分が後悔しないようにタトゥーを入れる意味を考えましょう。

    0 Comments